CONTENTS
 ありか通信 バックナンバー

Vol.198平成29年8月

(会員の方には、最新号を郵送しています。
会員になりたい方は、事務局までご連絡をお願いします。)

ありかのメッセージ

皆さん8月になりました。暑さがピークを迎えていますがお変わりありませんか?ありかはとても元気ですが、ママが夏風邪を患って、熱が出て、咳が出てダウンしてしまいました。ちょっと心配でしたが今日は何とか起き上がって、ありかの筆談に付き合ってくれています。とてもありがたいことです。ママ本当に大事にしてね。
皆さん体力が消耗すると、いろんな体の不調が出てくると思います。からだだけではなく、どうぞ心のケアもしてくださいね。気力、体力両方あることが大事です。この暑さで食欲も減少すると思いますが、好きなものを食べて、どうぞちょっと贅沢しても食べられるものを食べてほしいと思います。ありかは日中ほとんど水分を取るということがなく、ママは心配してくれますが、食事やおやつの時はなるべく水分を取ることを目指しています。皆さんは気を付けて水分摂取してくださいね。
人が元気になるという薬は何だと思いますか?高くてよく効く薬。そういうものも聞くし、駐車も聞くかもしれないけれど、ありかは大好きな人から「大好きだよ。あなたのそばにいるだけで幸せだよ。これからもずっと一緒にそばにいようね。」という言葉が特効薬になるのではないかと思いますが、皆さんはどう思いますか?大好きな人に、大好きと言われたら元気になるのではないかと思います。
隣で必死にありかが書いた文章を一所懸命に書き留めてくれるママに、大きな声で大好きを伝えたいと思います。ママ大好きだよ。これからもずっと一緒に生きていこうね。
ありかはこの夏、どこかへ旅に出たいのですが、まだ計画が立っていません。どこがいいかな〜温泉、海でなくて温泉。近くでいいので温泉。川のそばの温泉。川辺から吹いてくる涼やかな風にふかれて涼みたいなと思います。夢を実現すると皆さんの前で宣言します。きっと素敵な介助者が現れてくれると思います。皆さんもどこか行きたい場所があれば具体的にイメージして、はっきり形にして「行きます。」とか「行きました」とか行く日も決めて宣言したらいいと思います。皆さんもチャレンジしてみませんか。その報告をありか通信にお知らせください。夢を実願するプロジェクトというタイトルで皆さんの原稿を募集します。そういえば、ありか通信も10月には200号を迎えるそうです。その喜ばしい200号を記念して夢を実現するぞ。実現したぞと、文をありかの所に送ってください。皆さんの実現を共有したいと思います。よろしくお願いします。
ゆっこが横から「ありかはたくさんの夢を実現してきたね。フランスにも、沖縄にも、四国のお遍路さんにも行ったね。」といろいろ思い出してくれました。本当にこの20年の間にいっぱいの夢を実現させてきました。夢は実現するもののようです。実現するという思いが強ければ実現します。神様が実現させてくれるのか、ありかはまだ理解していませんが、夢は実現するという思いはしっかり確信しています。
皆さん、この夏夢が実現するようにしっかりお祈りしています。みなさんの夢が実現することがありかの夢でもあります。
どうぞ人生を楽しんでください。人生は楽しむためにあります。楽しむために生まれてきました。ありかもその一人です。
ありかも十分楽しみましたが、まだまだ、もっともっと楽しい人生を過ごす予定です。
皆さんどうぞよろしくお願いいたします。

ゆっこの徒然なるままに

 久しぶりに朝5時過ぎに散歩に出てみました。
神社の境内の大きなクスノキや竹林から涼やかな風が吹き、田んぼにはいつの間にか大豆が青々と枝を伸ばし整列しています。
 散歩の途中で子どもの同級生のお母さんと久しぶりに出会ってついつい立ち話、「久しぶりやね〜、息子さん(42歳)はお盆に帰って来るね?」と声をかけると、「帰らん、帰らん、孫が塾だとか何とか言うて、何年も帰らんし…、下の息子はタイに行って3年は帰ってこんらしかとよ…」との返事。
「寂しかね〜」と言うと、「夫婦2人で生きていかんとね、どこでん、老夫婦だけの生活やけんね」と言う話しになって、「お互い、元気にしとかんといかんね〜」と言って別れた。
 私たち夫婦は結婚して46年。お陰様で娘2人に恵まれ、それぞれが結婚し、子どもを3人ずつ産んでくれ、12人のファミリーが出来ました。
娘達が市内と県内に住んでくれているお蔭で、孫達の誕生日、お正月の初詣などに、総勢12人が集まるのは、ありがたいことだと改めて感じました。
そのうち孫達がそれぞれ結婚し、曾孫が誕生すればすごいことになりそうです。みんな仲良く助け合って、支え合っていけたらなと心から願います。


6月20日から小郡市教育委員会 生涯学習課主催で始まった、エンディングノート作成講座も8月1日で7回の講座が終わりました。
特別ゲスト講師として、高齢者の快適生活づくり研究会の方、認知症の方のデーサービスの代表、一級建築士さん、行政書士さん、税理士さん、小郡市の委託の資源管理センターさんなどに来て頂き、財産や相続のこと、将来自分で財産管理が出来なくなった時のこと、成年後見人制度のこと、生前整理のこと、葬儀やお墓のこと、大切にしているものや情報の処分方法などを学んで、遺影写真の撮影までして頂きました。
とてもステキな講座でした。知らないことを教わることの楽しさがあり、どうしても一度は通過しないといけない「自分の死」に向き合う時間をちょっと体験できました。本当にありがたい講座でした。来年度もし募集人数に余裕があれば、もう一度参加したいと思う講座でした。
今まで、こんなに色んな講座が沢山、生涯学習課主催であっていたことを知りませんでした。仕事ばかりの人生だったのかな…

今年になって、「少し楽しむぞ!」と思い立ち、やれそうな講座を探してみて、まずは絵手紙教室に夫婦で参加し始めました。毎週木曜日に12月まで参加予定です。「下手でいい、下手がいい」の言葉に助けられて楽しんでいます。
エンディングノート作成講座が終わったので、次は「ふるさと学習講座」で、小郡の歴史を勉強し、毎回(6回)小郡の遺跡を見学します。これも今から楽しみです。
夫婦でやっと1人前の感じで、これから先、楽しみながら感謝しながら、ぼちぼち生きていけたらなと思います。

 




 









 


 



 


 







 

 









 

 




 







 


 








 







 

 

 

 

バックナンバー
ありかネットワーク
福岡県福岡市博多区相生町3-2-6-106
(TEL)092-581-9683 (E-mail):info@arikanetwork.com
2005 ArikaNetwork all rights reserved.