CONTENTS
 ありか通信 バックナンバー

Vol.194 平成29年4月

(会員の方には、最新号を郵送しています。
会員になりたい方は、事務局までご連絡をお願いします。)

ありかのメッセージ

4月になりました。皆さんお変わりありませんか? ありかは相変わらず元気にしていますよ。元気の源は、から揚げ、ステーキです。唐揚げをおなか一杯食べて幸せ気分になってパワーがもりもり出てきた感じです。
皆さん4月はどうお過ごしでしょうか。今、この通信を書こうとしていますが、あまりにも桜のことが頭を占めてしまい、さくら→さくら御膳といってもありかの場合はランチのメニューですが、どうにもこうにも気になり、ママと話し合いの結果、来週桜を見てランチを食べに行く予定を決めてもらいました。あ〜よかった。これで通信を安心して書いていこうと思います。みなさんも気になることがあったら、それを済ませてさっさと仕事をやった方がいいですよ。
ありかはステーキが大好きです。唐揚げも大好きです。でも横からお肉ばかり食べてないでお野菜も食べるのよと言われます。血圧が上がったら大変だからと言われます。確かに食事は大切です。でも月に一度か二度はありかが大好きなステーキや唐揚げにしてもらいたいです。だっていつもは決められたメニュー、出された食事を食べるしかないのですよ。自分で今日はオムレツが食べたい、カレーが食べたいということもできず出されたものしか食べられないのですから。
ママが食べる話ばっかりねと言いますが、食べる話はとても大事だと思うのですよ。パワーの源です。どうぞ皆さん食べたいものを食べましょうと言いながら、食事制限されている方はしんどいですよね。でもありかは月に一度か二度は思い切り大好きなものを食べて幸せ気分を満喫したいのです。人生もそんな風に生きたいと思っています。
ねばならないという枠の中で我慢しながら生きていくのは辛いです。あるがままで生きていけたらどんなに幸せなことでしょう。長い人生の中、ほんのひと時でも自分がやりたいように生きていく経験があれば、きっと幸せに過ごせると思います。ありかもこの人生をルールや規則に縛られて我慢しながら生きていくのは嫌だと思います。自由に生きたいです。言葉は伝えられないけれど、こうやって筆談することで、ありかの胸の中のものを言語化して楽しく生きていこうと思います。

皆さん4月は新しい人生の幕開けですよー。自分で自分の人生の幕を開けるのだと思います。待ってないで自分で考えて行動をすることが大事だと思います。自分の行動には自分で責任を持って、誰のせいにもしない、もちろん自分のせいにもしないで、すべてうまくいくのですから、やりたいことしたいことやっていきましょう。
きっと幸せも待っています。いや、待っていなくて、もう充分本当は幸せなのかもしれませんよ。

ありかはありかのままでいい。あなたはあなたのままでいいと時々言われますが、本当に今の自分でいいの?と、疑問に思う人もいるかもしれないけれど、実は今の自分を認めて受容することです。自分で受け入れて、認めて、愛してあげることが大事じゃないかな〜とありかは思います。自分で自分を受け入れて愛することができないことほど辛い、しんどい人生はないと思います。人に認めてもらっても、自分が自分を否定してはあなたの人生は幸せではないのではないでしょうか。どんな自分も、まず自分が自分をいとおしく抱きしめてあげられた時、人生が変化するのではないかと思います。ありかはステーキとから揚げのことしか考えられないけど、そんなありかが大好きです。これでいいのだとありかは思っています。





ゆっこの徒然なるままに

 菜の花がまっ黄色の絨毯をひいたように幸せ色に染まり、陽気に誘われて桜が5部咲きになり、雪柳、レンギョウ、チュ−ウリップが咲き乱れ、入社式、入学式、入園式が始まりました。我が家の孫ちゃん達も、それぞれ社会人に、大学生に、中学生になりました。みんなが新しい環境の中で、わくわく楽しみながら毎日を過ごせますようにと祈る気持ちでいっぱいです。

私は3月末に思いがけない別れを経験しました。大事な人との突然の別れに、ただただ驚き、戸惑い、現実を受け入れるしかなく、でも受け容れきれない気持ちで時間が流れていきます。「人」や「生き物」だけではなく「物」や「思い」でさえ、いつかは手元から離れるのだと理屈は分かっていても、なかなか受け入れられずに、「あの時こうしておけば良かったのかな…」とか、「もっと、こう出来たはずなのに、なんで…」と思ってしまいます。
 いつも話を聴き合っている仲間に電話して、ボロボロ泣いて話をしているうちに、「私がしっかりしなくちゃ」という思いが湧き上がってきて、「しっかりしなくっちゃ!」と言うと、「ゆっこ、今はしっかりしなくてもいいよ、いっぱい泣いたらいいよ」と言われ、何か違和感を感じました。
タイミングよく友人が掛けてくれた電話に事情を話すと、「いっぱい話を聴くよ、いっぱい泣いたら良いよ」と声をかけてくれますが、不思議と心のシャッターが降りて、「大丈夫!」と言って、平気なふりをしている私が居ます。そんな時間を過ごしていると、心が固くなっていくのを感じます。
思いっきり気持ちを吐き出すことが大事なことは分かっていても、触れたくない、感じたくない、考えたくない、現実を見たくないという思いがあり、気持ちが閉じてしまいます。閉じている方が楽な気がします。やることをやっていくには、心を閉じてないと前に進めないような気がします。
 「話して!気持ちを吐き出して!」とか「泣いていいよ!」とか言われれば言われるほど、「大丈夫です」と言いたくなる気持ち、「私の気持ちに触れないで」「そっとしてほしい」という気持ちが強くなるのだなと感じています。
今まで傾聴をする時に、この感覚を持っていただろうか?辛い気持ちを持つ人に、「話をしたら楽になる」という思い込みを押し付けていなかっただろうか? 気持ちを吐き出すにも、「時間」というか、タイミングが必要なのかもしれないと感じた。
「今は言いたくない、話したくない、感じたくない」という気持ちを受容することが大事なのかもしれない。が、毎朝5時からのいつもの仲間との聞き合いの時間に、「心のシャッターが降りて何も感じないよ、こんな風に何も感じない方が楽じゃないかなと思うのよ」と話すと、「説明はいいから、何と言いたいの?」と言われ、「なんかな〜?どうして馬鹿なことしたの!と言いたいのかな〜?」と言うと、「テーブルか何かをゆすりながら、馬鹿!ばか!と言ってごらん」と言われ、言われるまま、テーブルをゆすりながら「バカ、バカ」と言い始めた途端、どっと悲しみが溢れだし20分ほど泣き続けました。自分の気持ちと向き合うことが出来たら、少し心が柔らかくなってきたように感じます。深い悲しみを持った人にどう寄り添うか、少し考えてみようと思います。
先日上映会をした映画の監督さんで、元養護学校教員の山本加津子さんのブログを読んでいたら、ブログをみんなに広げたいという事が書いてあったので、皆さんもよければ読者になって頂きたくて、ブログを載せたいと思います。よろしくお願いします。

 

第2799号 宮ぷー こころの架橋ぷろじぇくと  
                   2017年4月5日現在 参加者人数6273人 
あちこちで桜が咲き出しているのでしょうか? なんて美しい季節でしょう。私は昨日から、神社に登ったあと、少し散歩をしています。山のお花もちょっとずつ咲き始めています。
 メルマガの読者を一万人に増やしたい。その思いが今とても大きくなりました。ずっと思っているのは「幸せ」って何だろうということです。「幸せ」は決して、誰かだけだったり、自分だけではなれないのだと今は確信しています。幸せはみんなでなる。なぜなら、みんなでひとつの命を生きているから。人はみんなそれぞれだから、伝えたいこともいろいろです。それで、私の伝えたいこと、みなさんの伝えたいことを伝えあって、思いを交わし合って、そして、みんなで、応援もしあえたら、きっと何かが変わっていくのじゃないかと私は思うようになりました。
 私も、「雪絵ちゃんの願い」「白雪姫プロジェクトのこと」「幸せのこと」を多くの方と、伝えあいたいです。そして、みなさんが湧きあがるようにしたいと思っておられることを、一万人のみんなで応援できたら、きっと幸せな社会につながっていくと私は思うのです。だから、まず一万人の方にとっていただきたいというお話を講演会などで、このごろさせていただいています。
そうしたら、昨日、マンモスこういちさんからお電話がありました。こうちゃんは「かっこちゃんの思い、僕の思いと同じやから、僕の講演会でメルマガのちらしを配ります」って言ってくださいました。びっくりして、すごくうれしかったです。ちらし?ないけど、作ろうと思いました。
そして、作って、これからは、講演会の場所などでもそれを貼らせていただいて、その場で登録していただけるようにしたいです。
メルマガは携帯からは
a0001012961@mobile.mag2.com
に空メールを送っていただくこと。
パソコンからは、「宮ぷーこころの架橋ぷろじぇくと」と検索して登録していただくか、
http://www.mag2.com/m/0001012961.html
から登録いただきたいです。無料でお読みいただけます。そして、みなさんからも、お友達にお願いしていただけたうれしいです。
前にもしていただいているのですが、どうぞ宜しくお願い致します。
                                            かつこ



 









 


 



 


 







 

 









 

 




 







 


 








 







 

 

 

 

バックナンバー
ありかネットワーク
福岡県福岡市博多区相生町3-2-6-106
(TEL)092-581-9683 (E-mail):info@arikanetwork.com
2005 ArikaNetwork all rights reserved.