CONTENTS
 ありか通信 バックナンバー

Vol.166 平成26年12月

ありかのメッセージ

12月になりました。今日から木枯らしビュービュー吹き荒れるそうですが、皆さんはもうすっかり冬支度できていますでしょうか?
ありかのお部屋はカーペットでお尻ぬくぬくです。ヒーターも小さいけれど強力なのがあって、今年の冬も大丈夫そうです。それに水分を十分とるといいように思います。

冬になると出歩けなくなるのがちょっと寂しいかな。それで早速ありかネットでは忘年会の企画をしました。去年と同じ焼肉屋さんで盛り上がります。
ありかは、クリスマスは仲間と一緒に楽しみたいと思いますが、皆さんはいかがですか?一人ぼっちのクリスマスはちょっと悲しいですよ。ありかみたいに独り者にも、クリスマスくらいは誰かと一緒に楽しみたいものです。
お一人様にも楽しめるクリスマス会をどなたか企画されませんか?みんな一品持ち寄りも楽しいでしょう。ゲームしたり、歌ったり、皆で繋がれたら楽しいですよね。昔歌っていた歌を大合唱したりね。

ありかネット通信の今月号を書かないとお正月が来ないよと横から脅されて書いています。
お正月はみなさんどんな風に過ごされますか?ありかは、元旦に実家に戻ります。ありかが生まれた家に帰って兄弟や父に逢いに行きます。本来ならば、40に近い娘なので、父に親孝行の意味でも,お土産を持って暮れのお手伝いをしたいところですが、この身体はうまく機能しないので、せめてありかの笑顔をお土産に持って帰ろうと思います。
親が元気でいてくれることのありがたさを感じます。70代になろうとしている父、これからももっともっと元気でいてほしいものです。皆さんのご両親も元気ですか。早くに親と会えなくなってしまった方もいられると思います。いつの間にか親の年を超えてしまった方もおいでになるかもしれませんね。

親の年を越して楽しく生きていくことが親孝行の一つではないかと思います。親はいくつなっても子供の幸せを心から願っているのではないかと思います。
ありかも今、こうやって楽しく生きているからこそ、みんなで楽しんでいるからこそ、会えない距離があるけれど、きっときっとありかの幸せを、心から願っていてくれて、その思いへのお返しに、「ありかも幸せ、お母さんもどうぞ幸せでいてください。」と心から願いたいと思います。
こうやって感謝や、祈りのエネルギーというか、パワーというか、そんなものでこの地球さんが包まれたらこの地球さんもきっときっと豊かな緑の星になることでしょう。

ありかの父は、こんなありかを愛してくれているのに、てれなのか、なんなのか、人の前では微塵もそんな波動を見せません。これは困ったことですね。非難しているわけではありませんが、愛は伝えるものです。じっと自分の胸の中に収めているものではありませんよ。
「愛を感じることの大切さ、愛を伝えることの大切さを知っていても、行動に移せない人がいるのよ。」とお隣さんが言いますが、それは訓練だと思います。「大好き、愛している」ということを伝えにくい人も、「ありがとう、うれしいよ」とか「感謝しているよ」は言えるでしょう。それさえも言えない人は、さぁ、今から練習。今年のうちに「ありがとう」が言えるようになりましょう。



ゆっこの徒然なるままに

 早いものでもう師走ですね、12月に入った途端に急に寒くなりましたが、お変わりありませんでしょうか?こんなに寒いと、あったかい食べ物が恋しくなりますね。
久しぶりに(ありがたいことに、いつもは夫が食事の準備をしてくれます)おでんを作ってみました。骨付きの鶏肉を鍋に入れ、寿司揚げの中にお餅と糸こんにゃくと合挽きのミンチを入れ、爪楊枝で口を止め巾着を作り、大根と里芋とジャガイモ(老夫婦は里芋派、若者はジャガイモ派)、こんにゃく、厚揚げ、卵、天ぷら、ちくわをコトコトと前日から煮込んで7人分のおでんの出来上がり。今回は牛すじを買うのを忘れていました(残念!)

食事は大勢でワイワイガヤガヤ楽しみながら、食べた方が美味しい気がします。私は兄弟5人と両親の7人家族の中で育ち、23歳で親子2人(義母と夫)暮らしの家に嫁ぎ、子ども2人に恵まれ5人家族で15年ほど暮らして、その後義母をみおくり、娘たちを嫁がせ、夫婦2人になって、早や20年?になりますが、夫婦2人の食事に慣れた頃、娘が子ども達を連れて毎週金曜日に来てくれるようになりました。
 初めのうちは、孫ちゃんたちに「食事中は肘着かない!」「ほら、お箸の持ち方が違う!」「好き嫌いはしない!」「TVは消しなさい!」「ほら、こぼすよ」と、あれこれ気になって、小言ばかり言っていました。きっと、孫や娘にとっては、楽しくない食事時間だったと思います。それでも毎週来てくれるお蔭で、孫ちゃんたちの好みも分かってきたし、配膳の手伝いもしてくれるようになり、私は楽しみになってきました。

我が家では、娘や孫の誕生日、お正月、お盆の家族旅行には、3家族総勢12人が集まり食事をとりますが、にぎやかなこと、食欲旺盛の孫たちとおしゃべりをしながら食べると、いつもよりたくさん食べてしまいます。中学生、高校生、大学生の食欲には驚かされます。お腹の底がないのでは…と思うほどです。(男の子を育てた経験がないので、すごいビックリ)
あ、そうそう、我が家の2匹のワンちゃんも女の子です。2匹とも元気で、老いたクロちゃんは目も薄くなり、耳も遠くなって、よろよろしていますが、食欲は娘のチャチャちゃんよりすごいのです。だからこそ元気なのかな?
みんなが健康でいられるからこそ、今年も楽しい一年になりました。
あ、今年はもう1回、12人が集まっての誕生日会とクリスマス会がまっています。それが済んだらお正月です。
お正月のおせちは、夫に任せず私が作り、大掃除は夫が担当してくれます(ご苦労様です。いつもありがとう。) がめ煮、なます等は3家族分大きな鍋で準備します。黒豆は娘が炊いてくれます。これだけは娘の方が柔らかくて、しわが寄らずに上手に仕上げてくれるのです。
 心の大掃除だけは毎年丁寧に時間をかけてやるように心がけています(これは、誰にもお任せできないですものね)。

今年は、ワークショップや講演会に参加するこにしました。
12月1日に「てんつくマン」のワークショップに参加しました。16日にもう一度行きます。
てんつくマンこと軌保博光(のりやす ひろみつ)さんは、元吉本興行・お笑いコンビで、TEAMOとして、「ABC漫才コンクール新人賞」を受賞した人です。1994年に映画製作の夢を実現するために吉本興行を退社して、自信をつけるために1か月毎日連続フルマラソン(42,198Km)をやったり、借金800万円を返済する為に路上で詩を書き、3年間で6000万円稼ぎ、飛行機をチャーターして、中国に120人で植林を行ったり、台風で街全体が被災したフィリッピンの支援、東北や広島にボランティアを大勢派遣し、笑い楽しんで「鼻唄を歌いながら夢を花咲かせる」ライブを全国各地でやり、46歳にしてプロゴルファーにチャレンジしている人です。
当日はいきなり西城秀樹の「ヤングマン」の曲が大音量に流れ、♪ヤングマン、サー立ち上がれよ、ヤングマン、いま翔び出そうぜ、ヤングマン、もう悩むことはないんだから、ヤングマン、ほら見えるだろう、ヤングマン、君の行く先に、ヤングマン、楽しいことがあるんだから、素晴らしいYMCA、YMCA、憂鬱など吹き飛ばして君も元気出せよ〜♪と80人ぐらいの人と歌いながら踊りました〜。
66歳と10か月の私は何十年ぶりかに腕を振りかざし、大声で歌い、1テンポ2テンポ遅れながら、リズムに乗って体を動かし汗だくだくでしたが、とっても楽しかったです。
第1回目は「過去の扉を開き、幸せのキーワードを今のあなたが探し見つけます」と言うテーマで、半年後への「未来質問」があったり、「誕生から肉体の卒業まで」の幸せ感、不幸感をグラフに書いて、隣の人とシェアしたりしました。
「過去の中に沢山のプレゼントがあり、いまだから気付けることがある」。「きず(傷)」は→「きずき(気づき)」に変え、「トラウマ」は→「シマウマ」に変換して、「落ち込む時」は→「自分を褒める」ことが大事。「幸」や「不幸」の出来事は、それをどう受け止めるか、なので「ピンチ」を「チャンス」に変えて、「昨日の自分」をちょっとだけ超える練習をすることが大事なんだと笑いを取りながら話してくれました。とっても楽しい時間でした。

 6日は先月も徒然に登場した本田健さんの講演会がアクロスでありました。600?人ほどで会場はいっぱいでした。
≪幸せな経済自由人になるためのポイント≫
 1.最適な仕事を選ぶこと(才能にあった仕事を選ぶ) 
2.才能を磨くこと(自分の才能に気付くこと) 
3.お金について学ぶこと 
4.ビジネスをマスターすること 
5.人間関係の達人になること
≪お金の本質≫
 1.交換の道具 
2.エネルギー 
3.感情を増幅する 
4.愛情や友情を表現できる 
5.人を自由にも不自由にもする
≪これから成功するビジネス≫
 1.人をワクワクさせるもの 
2.つながりを感じるもの 
3.ユニークでクリエイティブなもの 
4.いくらでも払いたいと感じるもの 
5.誰かの役に立つもの
≪なぜ、経済自由人は、人間関係を大切にするか?≫
1.幸せ、不幸は人間関係で決まる 
2.セルフイメージは、人間関係で作られる 
3.人間関係で「自分が誰か」が分かる 
4.チャンスは人からやって来る 
5.最大のモチベーションは、人間関係から生まれる
≪経済的自由人になるには≫
 1.お金を楽しくもらって楽しく使う 
2.自分の才能を見つけて磨く 
3.常に最高の自分から選択する 
4.人間関係を大切にする 
5.付き合う人を変える

来年1月は精神科医の越智啓子さんのワークショップに参加します。楽しんで人生を生きることが幸せになる近道のように思います。
身の回りの小さな幸せを見つけて喜んで感謝して年末を過ごそうと思います。
どうぞ、皆様にとって幸多き日々を過ごせますようにお祈り申し上げます。今年も大変お世話になりました。

 

 









 

 




 







 


 








 







 

 

 

 

バックナンバー
ありかネットワーク
福岡県福岡市博多区相生町3-2-6-106
(TEL)092-581-9683 (E-mail):info@arikanetwork.com
2005 ArikaNetwork all rights reserved.