CONTENTS
 ありかの詩

 

一番星


満天の星が輝く  夜空の中に

たった一つの私だけの一番星

赤く赤く澄んで光る

どんなに時がたっても

どんなことがあっても

強く光り続ける心の星

みんなの中にある

魂の星

 

 

 

見えない星座

目には見えない心の星座

青い星、赤い星、大きい星、小さい星

一つ一つ光も違う

そんな星が集まって

私の心の中だけに

誰の目にも映らない

たった一つの星座

みんなの心の中にもある

唯一つ魂の光の星座

 

太陽の讃歌

さんさんと光り輝く、黄金の光のしずく

さんさんと降り注ぐ、黄金の希望の光

太陽を道目ていると

昔々、お母さんのおなかの中にいたころを思い出す

あのころは何を感じていたかしら

外の世界で何を望んでいたかしら

明るい明るいオレンジ色の光の中で

今、外に出た私は

この太陽の下、生きている

両目をしっかり見開いて

この太陽の下、しっかり輝いている

生きよう、生きよう

そう、太陽が私に話しかける

 

 

 

幸せ招き

白い毛並みの

すべすべの  招きねこ

ほらほら  あなたの幸せを

ここよ  ここよと招いている

あなたが 一生懸命

頑張っている姿を 見つめている

ほら 来たよ 幸せが

気付かぬうちに 目の前に

しっかり 右手と 左手で

しあわせのしっぽをつかんでね

青い目をした 招きねこ

 

定期?不定期?に少しずつアップしていきます!





 

 









 

 




 







 

バックナンバー
ありかネットワーク
福岡県福岡市博多区相生町3-2-6-106
(TEL)092-581-9683 (E-mail):info@arikanetwork.com
2005 ArikaNetwork all rights reserved.