CONTENTS
ありかのメッセージ

5月23日

ありかのホームページへようこそ。ありかの記事を読んでいただきありがとうございます。今日は、ゆっこが明日から熊本にボランティアに行くということで、ありかにもできる応援はないかなと思った時、そうだありかは通信や、こうやってH・Pを書くことかもしれない、これがありかのできる応援だと思って、今日は書き始めています。こんな時こそありからしく、楽しい、明るい記事にしたいと思います。
ありかはあの地震の時、なぜかいつもはとても目ざとくちょっとした音で目が覚めるのですが、今回の地震の時はなぜかちょっとしか気づかず眠れていました。これはきっと神様のプレゼントだと思います。ありかがいつものように目が覚めて不安げにしたらヘルパーさんはとても動揺したのではないでしょうか。一人で夜勤をしていた人たちはどんなに怖くて、心配していたでしょう。特に人の命を預かる仕事をしている人は自分のことよりなにより、そこにいる人たちのことをどうすべきか、どう自分が動くべきかと、一瞬のうちに判断されたことと思います。人の命をどう守るか、全力で考え、行動されたと思うと頭が下がります。本当に尊いお仕事をありがとうございます。お仕事だけではなく家族を守ってくださってありがとうございます。今も避難所に何万人の人がおいでになっていると思います。日常の生活が当たり前にできないこと、ありかは想像もつきませんが、食事、寝ること、排便、いろいろのこと、仕事、本当に本当に大変だと思います。そんな時にのんきなありかがH・Pをアップさせてもらって申し訳ない気もしますが、ありかはありかのやれることをしたいと思っています。
ありかが書いた詩に曲をつけて歌ってくださる仲間がいます。その人たちがCDに歌を入れてくれるそうです。ありかのメッセージを聞いて元気になっていただけたらいいな。ありかの唄を聞いてみたくなったら連絡してください。とても素敵なメッセージソングです。早々、ありかは絵も描くし、作詞もするし、本も出したし、詩画集も出せて、とても幸せ者です。障害があっても夢を見ることはできます。その夢を実現するために、いろんな人とつながって、一つ一つ作品が出来上がります。人は人とつながって生きていくようになっていると思います。皆さんも人とつながってください。コミュニケーションが下手だからとか理由になりません。ありかみたいに言葉のない人間がこうやって人とつながろうとしています。あなたも勇気を出してつながりませんか。楽しいですよ。
ありかの心はいつもいつも元気です。なぜならばこんなありかの事を自分で、とってもすごい天才みたいと思っているからです。そりゃ40歳にもなって、一人で生活もできない人ではありますが、、ありかはいつも自分のことをすごい、素敵と思っています。自分のことを大好きでいられるって幸せだと思います。もしかしたら自分のことがいやでいやでたまらない人がいられるかもしれませんが、自分の足りない点ばかり見ないで、今生かされていること、話ができること、一人でご飯が食べられること、一人でトイレに行けること、そんなことがとっても素敵。痛いところもないし、横でママやゆっこは膝が痛いの、歩くのが辛いのと愚痴っています。痛みがあるのは辛いでしょうが、その痛みよりもどんなに自分が素敵なのかを見つけてみませんか。あたりまえのことも当たり前でないのです。ちょっとした幸せを探しませんか
あなたの笑顔が周りのみんなに安心感や元気を与えることにつながると思います。
ありかはお陰様で一人暮らしもできて、ゆっこや、つくしちゃんやヘルパーさんたちの応援のおかげで毎日を過ごしています。人が人とかかわらないようになれば、ありかはきっと生きていけません。皆さんもきっと人とのかかわりの中で生きていけるのではないでしょうか。お米を作ってくださる方、お肉をさばいて食べられるようにしてくださる方、電車を動かしてくださる方、皆みんな協力し合って生きていますよね。だからありかもお世話をおかけしている分、何かのお役に立ちたいのです。たっているかしら?みなさんのお役に立てているとしたらありがたいです。感謝です。今日もたのしい時間になりました。ゆっことママのおかげで今日もメッセージを書くことができてよかったです。

 

 




お便りはinfo@arikanetwork.comまでお願いします。

バックナンバー
ありかネットワーク
福岡県福岡市博多区相生町3-2-6-106
(TEL)092-581-9683 (E-mail):info@arikanetwork.com
2005 ArikaNetwork all rights reserved.