CONTENTS
ありかのメッセージ

3月11日


ありかの身辺にいろいろな問題が発生しています。ありかは、ただただ見つめているだけですが、それによって、いろいろな感情が渦巻いているようです。
ありかは子の渦巻いた感情から、皆がそれぞれに感じ取って癒しの材料にしてほしいなと思っています。問題が起きるごとに、いろんなことを感じます。
その感じたものを吐き出すことが大事です。感情にはいろいろな問題が付随していますが、感情自身は何も、よい、悪いはないので、感じたことをすっかり吐き出すことが大事だよ。それを体の中に貯めてしまうから、どんどん苦しくなっていきます。その上に、自分を責めたり、人を責めたりすればするほどその感情は形を変えていきます。ありかが思うには、皆さん自分の気持ちを感じていますか。寂しいとか、悲しいとか、嬉しいとか、悔しいとか、いやだなとか、生きていればいろんな感情を感じているはずですが、心の扉を閉じて、何も感じないようにしていませんか。心を閉ざさないと生きていけないほど、大変な人生を生きていますが、もしそうだとしても、自分が、今、何を感じているかということをわかっていることは大事だと思います。
皆さん、今、何を感じているかちょっと立ち止まって、心に向き合ってください。何を感じますか。不安な気持ち、怖い、怖い、うれしい、うれしい、なーにもわからない、そんな風に思ってもそれでいいですよ。時々、自分は今、なにを感じているって感じたあげてください。心を麻痺させないでください。

 

 











 

 



 

 










 

お便りはinfo@arikanetwork.comまでお願いします。

バックナンバー
ありかネットワーク
福岡県福岡市博多区相生町3-2-6-106
(TEL)092-581-9683 (E-mail):info@arikanetwork.com
2005 ArikaNetwork all rights reserved.