CONTENTS
ありかのメッセージ
6月16日

 ありかの友達にちょっと変わった人がいます。
 ありかの本を編集、出版してくれた人です。その人が、どういうことからか映画をつくるという話です。 なんでも ちんどんやさんを映画にして、皆にちんどんやさんのことを伝えることのようですが、 本人がここにいますのでちょっとインタビューをしたいと思います。

ありか「ねえ ねえ どうして映画をつくる気になったの? どうして ちんどんやさんなの? 聞かせて」
遠藤 「そうね これまで本を作ること、CDを作ることをしてきたけれど、映画は、それを 全部含んでいるのだと思って興味がありました。そうしたら、 去年ちんどんやの映画を創りたいのだけど手伝ってと言われ、作ることにしました。」
ありか「ちんどんやさんの、どんなところを伝えようと思ってるの。」
遠藤 「ちんどんやさんのジプシー感覚かな。私たちが日常生活している所に、ふらっと来て ふらっと去っていく、そこに定住しない、そんな生き方がかっこいいと思ったの。」
ありか「どんなストーリーになるのかな、ちょっと差しさわりの無いところだけでもお話してほしいです。」
遠藤 「フランス人に見てもらいたくて、フランス語でつくります。なので、ちんどんやさんの生き方を、 ストーリーチラー役のフランス人が、ちんどんやを見た目で、お話が進んでいきます。 子ども達とちんどんやさんとの出会いを詩的な表現であらわします。」
ありか「ありがとうね。それで何時 完成するのかな。」
遠藤 「今年の10月完成で、11月フランス、12月に福岡で皆さんに見ていただきます。
これは制作協力してくださった方たちへの上映で、一般の方にはまだ未定です。」

 ありかはこの変わった人が大好きで、ちょっとだけありかもお手伝いしたいと思っていて10月完成がとても楽しみです。ちんどんやさんの衣装のなんて素敵なことか、そしてあのリズム、何だか、とってもうれしいような、悲しいような、なんともいえないリズムを聞くと、癒されるんだよね。いいよね。

お便りはinfo@arikanetwork.comまでお願いします。

バックナンバー
ありかネットワーク
福岡県福岡市博多区相生町3-2-6-106
(TEL)092-581-9683 (E-mail):info@arikanetwork.com
2005 ArikaNetwork all rights reserved.