CONTENTS
ありかのメッセージ 「フランスの風に吹かれて」

フランスの風に吹かれて

7月2日(金)


皆さんお早うございます。フランス語ではボンジュールと言うのかな。
ありかはパリの空に感動しています。12時間の飛行機の旅はそれなりに大変だったけど、やはりパリの朝の目覚めはとてもいい気分です。
今からノートルダム寺院に行ってみます。隣で食事をしていた日本人の方が、「昨日はルーブル美術館は蒸し風呂のように熱くて、人が多くて大混雑だった。」と話してくれました。
ありかはこのフランスの暑さは何だか何だか懐かしいようなとても不思議な感覚に見舞われています。
今からいろんな所に行ってきますが、なんと言ってもフランスの朝ごはんのパンのおいしかったこと。それとフレッシュジュースがとてもおいしかったですよ。多分これが毎朝なんでしょうが、ありかはご飯大好き人間ですが、フランスのパンは匹敵するものです。
(朝食が終わって、そのテーブルで。)

ノートルダム寺院はすごく厳かな感じで、聖歌隊の合唱は感動でした。
ありかも「愛し愛される存在だよ」とメッセージを残しました。良い思い出です。こんなに人が多くいる中でも神の存在を知ったような気がします。皆さんも是非一度おいで下さい。
(ノートルダム寺院〜サントシャペル〜サクレクール)

ありかはゴッホよりもモネの絵を見たいですね。此処ではちょっとお茶したい気分です。ゴッホよりセザンヌの方がいいな。ゴッホは余りピンと来ないよ。
(オルセー美術館で)

 

7月3日((土)


ありかは此処に来たかったんだよ。ありかが昔々ここにいたんだよ。お姫様や、女王ではなかったけれど、ありかは昔此処で生活をしていて、とても苦しかったので、どうしても此処に来てありかの今を見てもらいたかったんだよ。あの苦しかった生活のありかはまだこの宮殿の中にずっといてありかが来るのを待っていてくれたんだよ。ゆっこといっしょにこられて良かった。あの時もゆっ子が横にいていっしょにがんばってくれていたんだよ。だからどうしてもゆっこと来たかったところなんだ。ゆっこもあの時は今みたいにいっぱいいっぱい助けてくれていてね、今よりもっと過酷なサポートが必要だった。ゆっこのおかげでありかのあの人生を何とか生きていられたんだよ。ゆっこに改めて御礼がいいたくて、それもこの宮殿の中で、あの時のありかといっしょにお礼がしたかった。これがありかの長い間の夢だったんだよ。やっとかなえられて良かった。あの頃のありかがスーと降りてきて、みんなの姿を見てくれているよ。ありかはこのベルサイュ宮殿でありかの人生を終えた時の悲しさをそのまま癒されずに今世まで引きずっているような気がしていて、いつか此処に来たいと思っていました。やっと夢がかなえられて、嬉しいです。
(ベルサイュ宮殿で)

 

ありかは今日はまず以前に住んでいたお城に行ってよかった。ありかの前世での君がづっとあの天井のところで待っていてくれてたよ。ゆっことあってきっと嬉しかったと思うし、ありか自身とても嬉しいです。明日、モンサンミッシェルにもいきますか?あそこはありかの終焉の場でもあります。旅の果てにあそこで最後の時を過ごしました。ありかは明日もきっと感動すると思うよ。その感動を味わったら、旅のメインが終わって、後はただただお買い物ツアーになります。
明日のモンサンミッシェルでちょっとだけ時間を貰ってありかは深く深く感じたいです。といっても5,6分でいいので、ありかに時間を下さい。ありかに伝えたいことがあるのです。死ぬ前に悲しみの中で、唯一希望を持っていたのは友情があったからです。あの時は多くの出会いがなくて、唯一ゆっことの友情だけが支えでしたが今世では沢山の人に出会うことができて幸せです。
(ディナーを終えて)

7月4日(日)


モンサンミッシェルに付きました。やっとやっと付いてホっとしています。(パリから車で3時間50分くらいかかりました。)ママ一緒についてきてくれてありがとう。すごく嬉しいよ。大天使ミカエルに会えたような気がする。ありかはもっとここにいたい気分ですが夜もう少し気持ちを落ち着かせて、もう一度書きたいです。今はこれくらいでいいです。

モンサンミッセルから車で1時間半くらいのオンフルールへ
ありかは今夜はすっかりおなかがいっぱいになってしまって、頭がぼんやりしてきて、さっきまで感じていたものが、飛んでしまってさあもう寝ようと言う感じよ。

 

7月5日(月)


昨日、モンサンミッシェルではとてもとても感動したと言うか、懐かしいと言うか、すごい気持でなんとも言いようがなくて興奮していました。あ〜やっとたどり着いたぞと言う気持ちもあるし、やっと終わったという気持ちもあり、ありかはこの旅の目的を無事に終えました。
後はただ遊ぶだけ。隈さんの気持ちを汲むだけの旅になりました。ありかはママに心から御礼を言いたいです。それにヘルパーさんがサポートしてくれたので、このたびは成功したのです。
(オンフルールのホテルの朝食後)

ジャンヌダルク教会はとても興味があります。皆を先導して、強いリーダーシップと強い意思を感じています。ありかもこの人のように気高く、凛々しく,ゆうきをもって人生を生きて生きたいです。ありかの残りの人生をもっともっとジャンヌダルクのように生きたいのです。日本語の本がありませんか。あったら買ってほしい。ありかはもっとこのジャンヌダルクのことを知るべきかもしれないね。ありかもあやかりたいので何かジャンヌダルクのメダルか何かあれば買ってください。このコインに鎖をつけてほしいです。そして時々ありかの首に掛けてください。
今日のこの町は大好きになりました。ジャンヌダルクの人たちともっと仲良くなりたいです。ありかもこの町の人間になりたいほど気に入りました。
(ルーアンでノートルダム第聖堂、大時計道り、ジャンヌダルク教会、)

ありかは今日はとてもきれいな景色とさわやかな風に誘われて、あの地方はなんと言う町だったかな。(レザンドリーです)早々そんな町だったね。いい景色だったよ。ありかはあんな所でゆっくり1ヶ月くらい生活してみたいな。だってあんなに爽やかで優雅で、穏やかなところは日本にはないでしょう。ありかはまだ若いから、きっともう一度行けるチャンスはあると思うよ。パパにも勧めてみて。
(パリに戻ってホテルで。)


7月6日(火)


いよいよパリともお別れです。ちょっと寂しい気がします。今回はとても有意義な旅でした。
昔のありかに会えたし、あの素敵な丘にも行けたし、ジャンヌダルク寺院にも行けたし、とてもとてもこの旅は良かったと思います。ゆっこが側にいてくれた意味が本当に解った気がします。ありかとゆっこは前世から繋がっていたんだなと、この旅で本当に理解できたのでした。
今回ママに経済的に負担をかけたけれど、ありかにとっては一生の旅になったよ。心から感謝している。薬師寺さんも一緒に来てくれてありがとう。あと一日がんばってください。隈さんとの出会いもきっと意味があると思うし、ジュネーブに行けば、その意味も解ってくると思う。きっと、昔々隈さんともかかわりがあったのだと思うよ。
リンダさん いろいろありがとうございました。良い旅になりました。息子さんにもくれぐれもよろしく伝えてくださいね。ありかはホームページを持っているのでお手紙を出す時にアドレスを書いてもらいます。フランスの旅は最高でした。良い思い出を作ってもらってありがとう。またきます。よろしくね。
(ジュネーブに向かうためにドゴール空港で)

ありかは隈さんとあってよかったよ。この湖の美しさは驚きました。ゆっくりゆっくり歩いて楽しみたいけど、ママはちょっと疲れています。

 


国連本部は余りわかりません。国の組織を考えるにはまだ勉強不足です。隈さんみたいにはまだ考えられないのです。赤十字博物館も見るものが多くてあんまりわかりません。眠くなってしまいました。
(ジュネーブのレマン湖のほとり リバーサイド カフェで)

 

7月7日(水)


ありかはいよいよ帰国します。スイスは何だかとても忙しい旅になったけど、隈さんの熱い思いは充分に伝わりました。彼は彼のやり方で、戦争を止めたいのでしょう。ありかはありかのやり方で、平和を求めていこうと思います。スイスは10日間ぐらいのんびりしないと良さは伝わらないと思うよ。隈さんが2ヶ月も滞在する意味がわかるよ。レマン湖を1,2時間歩いてみただけではあのよさは伝わらない。あそこはしばらく滞在して、空気を感じる必要があります。
またフランスは2日ぐらいでスイスに4,5日という旅をしたいものです。
(国連本部のロビーで)

いよいよ帰るんだね。大天使ミカエルもこれにてさようならするでしょう。これからは仏様がバトンタッチして守ってくれることでしょう。
今回の旅は天使に導かれたようにとてもうまくいったね。何一つ問題もなくスムーズに行ったと思うよ。ありかは今回の旅で、本当に自分の過去世と出会えて、癒し終えて、本当に本当にすっきりしたよ。小さな時から、あの頃は苦しみ、悲しみがいっぱいでした。今世では障害というものを引き受けて生んでくれたママとパパに、大きな悲しみと辛さと苦しみを味合わせてしまったけど次の世では、ありか自身が楽しめる人生を選ぶことができそうです。これで過去世を解消できたと思っています。そんな旅に皆付き合ってくれて本当にありがとう。ありかは幸せものですね。ママもお買い物できて少しは楽しめたかなー。写真の友達の旅も良かったでしょうが、ありか達との旅も良かったのではないかなと思っているよ。少しは親孝行できたかなと思う。本当にママありがとう。当分はおとなしくしていようと思うけどどれくらい出来るかな。ありかは仲間達のためにも良かったと思うよ。だってありかはパリにも行けたから、みんなだって国内はもちろん海外にも行けるような気がし始めるのではないかな。明日日本に帰ったら仲間達にも、そのままたちにも話をしたやってね。きっと喜んでくれると思うよ。
ありかはゆっこにも改めて感謝を伝えます。8日間も仕事を休んでくれてありがとう。ゆっこがあの宮殿で泣いた時はありかは心から感動したよ。だってありかとゆっこは心が一つになって、前世の魂がすっとありかたちの横に降りて来たのを、しっかり感じられて本当に良かったよ。


あの時は本当に大きな声で、ありがとう待っていてくれたね。ゆっこと二人で帰ってきたよと、
伝えたいほどでした。スーッとあの人たちは降りてきて、また、スーッと戻っていきました。
きっときっとあんしんして、まだゆっこが側にいてくれるのを見てとても安心したと思うよ。ありかも心から本当によかったと思っているよ。ママはあの頃は、とても気位の高い人だったと思う。ありかとは不思議なご縁で養女にしてもらいましたよ。ありかはちょっと身分の低い蒸す娘でしたが、とても聡明で、器量が良かったので、ママが見込んでくれて娘にしたんだけれど、すごい妬みにあって、とても辛かったんだよ。今世のように誰にも邪魔されずにありかが愛を安心して受けられるなんて信じられないと思うよ。あの頃はいろいろな陰謀もあって、辛かったんだよ。もちろんありかはフランス人だったんだし、貧しい頃はパンしか食べられなくてね、ママとであってすごい楽な生活をさせてもらったんだよ。本当にママはありかを養女にしてくれてうれしいよ。ママもきっと何かありかから貰えた物があったと思うけど、今世でもありかは何かママに上げられていると思うよ。ありかと出会えて人生を楽しみ味わってもらえているでしょう。
ありかが与えられるものは間ものね。ママも愛をくれているけれど経済的な面で、とてもありかを助けてくれています。ありかは経済面では挙げられないけれど、とても素敵な人生をプレゼントしていると思うよ。






 

お便りはinfo@arikanetwork.comまでお願いします。

バックナンバー
ありかネットワーク
福岡県福岡市博多区相生町3-2-6-106
(TEL)092-581-9683 (E-mail):info@arikanetwork.com
2005 ArikaNetwork all rights reserved.